自動車売却を科学する。どんな手順で売却するとよいか検討してみた。

自動車
自動車

毎年自動車を購入している洲崎が気をつけているポイントを紹介します。

売却する前に

中古車はどこへいく

車を高値で売却したいと考えているなら、中古車市場の仕組みを知ることから始めましょう。基本的なパターンを簡単な図にまとめてみました。

売却したい→中古車買取店で査定→カーオークション→中古車販売店→次のオーナーへ、輸出もある

中古車買取業者・カーディーラーが買った自動車は、カーオークションに出品されます。カーオークションには、中古車販売店の人や自動車輸出業の人がおり、目当ての車を入札しています。入札された車は中古車販売店に並びます。そうして、次のオーナーの手に渡っていきます。

カーオークションってのを挟むんだね。

中間マージンをなくす

さきほどの図で一番いらない工程はどこでしょう。そう、カーオークションです。

売却したい→中古車買取店で査定→→中古車販売店→次のオーナーへ

カーオークションは出品するだけで様々な手数料が発生すると聞いたことがあります。このカーオークションを回避するように売却することがキモです。具体的には、中古車の買取をしていながら販売をしているお店を検討しましょう。

しかし、どの店もカーオークションの落札価格を参考にして査定してきます。少しでも高く売りたいのならば、この買取店の査定はカーオークションに出品するのか、それとも自分のお店に置くのかを見極める必要があります。もちろん、自分のお店においてもらえたほうが査定額は期待できます。

中古車買取店 = 中古車販売店 を 狙おう

一番高く売れるのは個人売買

いや全部いらないって思った人も多いでしょう。それも正解です。

売却したい→次のオーナーへ

ヤフオクやメルカリなどの個人売買は、問題が生じた場合が大変です。ただし気をつけるべきポイントを抑えて臨めば、大丈夫ですけどね。個人売買についてはまたの機会に解説します。

今回は一般的な流れであろう、中古車買取店で査定してもらうときに気をつけるべき点を紹介します。

相場を調べる

まず初めに相場の調査を行いましょう。相場を知っておかないと、買取業者に安値で買いたたかれてしまいます。

馴染みのお店で聞く

オークション相場は一般の人には公開されておらず、自動車販売を行う業者しか見ることができません。いつもお世話になっているお店の人に「いまこの車を売却したらどのくらいで売れそうですか」と聞いてみましょう。オークション相場は落札された価格になりますので、実際は出品者が利益を取るために、5-10万ほど安い金額を提示してくると思います。

たとえば、100万ぐらいかなーと言われたら、110万円程度がオークション相場価格です。

ネットで調べる

馴染みの店がないよーって人も大丈夫。オークション相場の参考値を公開しているページがあります。

このウェブサイトに表示されている金額は落札価格(オークション相場価格)です。例えば、100万円と表示されていたら、実際は80~90万で出品されていると見てください。

画像はNHP10型アクアの相場です。グレード、年式、走行距離、色、修復歴有無などから、自分の車と近い条件を探してみましょう。

中古車検索サイトで調べる

カーセンサーグーネットの販売価格から以下の式で推測することもできます。一般的にオークションでは、出品者で15万、入札者で15万程度の手数料がかかると言われていますので、車両本体価格から30万を引いた価格が原価(オークション相場)となります。

計算式:車両本体価格 - 300,000 = オークション相場価格

この場合は車両本体価格500,000 – 300,000 = 200,000で約20万がオークション相場になります。この手法を利用する場合もグレード、年式、走行距離、色、修復歴有無を合わせるようにしましょう。

マイカーの価値は大体わかったかな?オークション相場に近い価格で売却を狙うことがミソです。

自動車買取業者に査定してもらう

自分の車の価値がだいたい分かったら、査定の申込みをしましょう。申込みは一括でも個別でもどちらでもいいです。どちらにしても、中古車買取店 = 中古車販売店に査定をお願いしましょう。また持込査定、出張査定がありますが、夏場の出張査定は炎天下での立ち話になりましたので、個人的には店内で話せる持込査定のほうがいいなと感じました。

お店なら無料ドリンクも飲めるし

一括査定サービスは、「カーセンサー」もしくは「MOTA」が有名ところです。どちらも内容に大差ありません。各ページを見てみて、良さそうと思った方をやってみてください。両方やっても問題ありません。

個人情報に関しての注意点を↓にまとめました。

捨て電話番号を用意しよう

各種サービスを利用して一度でも査定をすると個人情報が登録されます。電話番号が汚染されて迷惑電話に会う可能性が高まりますので、電話番号を取得してしまいましょう。povoなら無料で電話番号を取得することができます。

povoはカーナビ用スマホ回線(無料)としても利用できますよ。

査定前の受付票には個人情報を書かないようにしましょう。

査定をする前には、個人情報を抜き取るために必ず質問用紙を渡されます。このとき書いて良い個人情報は以下の2つです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号(もちろん捨て番号)

氏名と住所は車検証に情報が載っているので、この2点については残念ながら個人情報が抜かれてしまいます。諦めて受付票にも記載しましょう。また、電話番号は最低限の連絡手段として書いておいてください。ただし、汚染されても良い番号を伝えましょう。逆に性別、年齢、家族構成等は絶対に書かないようにしてください。書かなくても査定は進めてくれます。

個人情報の取り扱いには注意しましょう。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

①事前聴衆

査定が始まって担当者が聞いてくることは主に以下の4点です。

  • 売却時期
  • 買い替え or 売却
  • 希望金額
  • 他社での見積状況

このうち、希望金額と他社での見積状況は査定が終わるまで伝えないように隠しておきましょう。もちろん、受付票に書いてもダメです。(この理由は後で解説します。)

この4点はどの査定でも聞かれます。前もって回答を用意しておきましょう。

売却時期

オークション相場は変わりやすいものです。「金額次第で、すぐに売る」と伝えましょう。

「来月売るかも」、「新車が納車されたら」、「家族と相談して決める」など売却時期を曖昧にすると、オークション相場がわからないことを理由に査定してくれません。前述した通り、中古車買取店はオークション相場価格を参考にして査定を行います。同じ理由で、売却時期があまりにも先な場合も断られます。

とりあえず、査定をしてもらうために、今の相場で売却することを伝えましょう。ただし、具体的な受け渡し時期(買取店が車両を引き取る日)は後々の交渉材料として使うので、ここでは言わなくてもいいです。

すぐに売ることを伝える

買い替え or 売却

「買い替えですか?それとも売却ですか?」と聞かれた場合の回答は「売却」の一択です。「買い替え」と言うと、その買取業者で取り扱っている自動車の紹介をされてしまいす。

中古車買取店 = 中古車販売店では、買取と同じく販売にも力を入れています。少し考えればこの理由がわかると思います。車を買取り→販売もすれば、儲ける機会は2倍ですよね?

押し売りはいらないので、売却と伝えましょう。理由は、シンプルに不要になったからでいいです。

売却一択で

売却希望金額

まずは、現物を確認してくださいと伝えましょう。先に売却希望金額を提示すると安値で買い叩かれるリスクが増大します。

希望金額を言わなくても、査定を進めてくれます。

売却希望金額は絶対に言わない。

他社での見積状況

相見積もりをしていることは伝えましょう。ただし、査定金額は足並みを揃えられる可能性があるので査定が終わるまで言わないように。

他社での見積状況については、真実を伝えましょう。査定金額を盛っても、それじゃあその店で売ったらどうですかとなります。

他社での見積状況もすべてを明かさないこと。

②査定が終わって

査定が終わると交渉にはいります。最初に提示した金額は相場よりも低いことが多いです。

何円なら売りますか交渉

多くの担当者は「何円なら売りますか」と売却希望金額をこちらに提示させる交渉してきますが、この交渉術には注意が必要です。

売却希望金額が相場よりも低い場合 → 安値で買いたたかれる。
売却希望金額が相場よりも高い場合 → この価格では買えませんと断られる。

当たり前ですが、一度提示した売却希望金額は変更が効きません。

「この提示した金額で売却します」とハッキリ言わないと担当者は交渉に応じません。それもそうですよね、担当者も会社とのバトルです。「この金額で売れるかどうか調べてみて」なんて曖昧な交渉では、担当者は相手にしてくれません。

結局、提示金額で決まってしまうと逃げられない。もっと高値で売れたんじゃないかなーというモヤモヤした後悔のみが残る交渉術です。

この交渉術を避ける技があります。

これが正解

そう、事前に調べたオークション相場を希望金額として言ってしまえばいいのです。逆に言えば、オークション相場よりも高い価格では買い取ってはくれません。

オークション相場価格を提示すると、大体の担当者は怪訝な顔をします。ここからが交渉のスタートです。圧倒的にこちらが有利な立場で交渉を進めることができるでしょう。

売却価格をオークション相場にいかに近づけるかが中古車売却をする上での重要なポイントです。